BCP 事業継続計画 中小企業のBCP


HOME BCPとは 中小企業のBCP 緊急事態
とは
予測と
準備
ISO22301 内容と
費用
建設BCP
新規更新
整備局別 建設BCP
費用一覧
セミナー 雛型購入

アズポート株式会社 中小企業向けBCP 国土交通省 近畿地方整備局 四国地方整備局 中部地方整備局アズポートロゴ 建設業BCPアズポートロゴ

BCP 事業継続計画 策定 コンサルティング

中小企業にこそ必要なBCP
(Business Continuity Plan)

タイトル 中小企業のBCP

■BCP策定は難しくない

会社の規模に関係なく、緊急事態であっても事業を行う場所は必ず必要です。
支店・支社のない中小企業こそ、代替拠点や代替策が重要になります。


(1)BCP策定は難しくない>>
(2)中小企業ならではのメリット>>
(3)BCP策定をせまられている例>>

2011年3月に起こった災害直後、BCPを策定していた一部の企業は他府県の事業所で事業を再開し、売上の確保につとめました。本社が被害を受けた時でも、他の支店、支社で事業を継続できるよう、平常時から計画していたことが功を奏する結果となりました。
ですが、中小企業の多く他に事業所を持たない場合が多く、そのような対策を取る事は難しいと考えられがちです。 また、中小企業では一度受けた被害からの再起は、資金面、時間、人員等の問題で非常に厳しくなることが現実です。

中小企業は、財力的な問題からBCPへの取り組みが難しいように思われがちですが、中小企業であることを利点にした「実際に可能な事業継続計画」を作成しておくことが重要です。


■中小企業ならではのメリット
中小企業のBCP  代表者の決断が早い
社長の「やるぞ」の一言で決定
話し合い
中小企業のBCP   代表者の意志が伝わりやすい
社長の判断を受け、社員がすぐに行動できる
中小企業のBCP  社員の実行力の継続
大企業にありがちな「承認待ち」「押印待ち」の時間がなく、 決定事項への実行が迅速にできる =社員の意欲が切れないまま行動できる
中小企業のBCP  状況に応じた臨機応変な対応が可能
承認者数が少ないので、実際の運用後、改善や追加が発生した場合に対応が迅速
中小企業のBCP  同業者同士の協力体制を作りやすい
「困った時はお互い様」という意識で動きやすい

会社の事業はお客様にサービスを提供することで成り立っています。
そのサービスの受注と提供ができなくなると、操業停止に陥ります。
災害、事故、ウィルス、テロ等、緊急事態が発生しても事業を継続するためには
「仕事をしてくれる従業員」「資金」「情報」「資源」が必ず必要です。

「中小企業だから必要ない」と思われがちですが、取引先の
大手企業からBCP策定を要請されるケースが増えています。

<相談事例>

項目 取引先がBCPの策定をしたことをきっかけに、下請け会社にも要請してきたが、 何をどうすればいいのかが全然わからない。

項目 取引先の内容に合わせたBCPをヒアリングしながら作成していきます。

項目 大手取引先からBCPのひな型を渡されたが規模が違いすぎる。 書式を変えたいが取引先に嫌な顔をされそうで困っている。

項目 できるだけ取引先の書式を使用しながら、御社の実情に沿った内容を作成します。

BCPは、自社だけで策定するよりも、取引先と連携して作成する方が効果を発揮できるため、大手の取引先から求められることが多くなるのも当然の流れです。
取引先から渡されたひな型をどう使えばいいのかわからない場合、そのひな型を使って提出できるようご指導いたします。 ご遠慮なくご相談ください。

価格、内容等は、メールにてお問い合わせ下さい。
BCP、ISO22301、建設業BCP、各種お問い合わせ・ご相談

ISO認証 BCP事業継続計画のコンサルティング

<コンサルティング対象地域>
兵庫県/神戸市・阪神間 JR神戸線沿線姫路以東
大阪府/大阪市・府内全域  京都府南部(京都市及び以南) 滋賀 和歌山 奈良
<四国>徳島 愛媛 香川  <東海>愛知
国土交通省 近畿地方整備局 四国地方整備局 中部地方整備局 中国地方整備局 

上記以外の地域はご相談下さい (特定電子メール・営業メールの送信はお断りします)