ISO22301 BS25999 事業継続計画 認証


HOME BCPとは 中小企業のBCP 緊急事態
とは
予測と
準備
ISO22301 内容と
費用
建設BCP
新規更新
整備局別 建設BCP
費用一覧
セミナー 雛型購入

アズポート株式会社 兵庫・大阪・京都等、関西一円や東海地区 国土交通省 近畿地方整備局 中小企業 BCP 策定支援

アズポートロゴ

BCP 事業継続計画策定 コンサルティング

BCP事業継続計画とは
(Business Continuity Plan)

タイトル 起こってしまった時のことを、起こる前に考える

BCP(事業継続計画)は、未然に防ぐ「防災対策」とは少し違い、事業に影響するような出来事が起こってしまった後の状況に対し、いち早く対応するための計画です。
目的は、災害や緊急事態によって、核となる事業を停止させないこと、停止した場合は停止から復旧までの期間を最短にすることで、事業の停止による売上減少を防ぐため、最悪の事態を想定し、その事態を回避する準備を遡って検討していきます。

  • あなたの会社に起こる最悪の事態とは?
      得意先との取引停止、事業の停止、倒産
  • 最悪の事態になる原因は?
      自然災害・テロ・ウィルス・大規模事故等
  • 最悪の事態を回避するためには?
      万が一の時に備え、複数の代替策を決めておく
  • 中小企業ならではのBCP策定とは?
      同業他社との事業提携、代替要員確保、代替拠点確保等
  • 実際にBCPを策定していくには?
      あらゆる可能性を考え、確実性の高い対策から順位付け

BCPBCP(事業継続計画)
緊急事態が起こった時に、売上の核となる事業を停止しないため、または停止した場合でも
できるだけ早急に復旧するために、どのような対策と行動が必要かを、計画として定めておくこと。

BCPBCM(事業継続マネジメント)
BCPの維持、更新、監査といった、実際に機能させるための活動

BCPBCMS(事業継続マネジメントシステム)
BCMをISOのマネジメントシステムの形に整えたもの。

BCPBCPとBCMの違い
<BCP>不測の事態において、企業が事業を継続するための行動指針や対策を示した計画文書
<BCM>BCPを実施し、有効に機能させるための教育や更新を繰り返していくしくみ

BCPを策定していても、それが実際に発揮できなければただの紙切れになってしまいます。 そこでBCMによって、PDCA(計画→実行→チェック→改善)を続けていくことで、もっと細かく定めておくべきことや、策定していても実際には機能しない部分を見直し、より精度の高いものを作り上げていきます。

区切り線

◆BCP 建設業BCP コンサルティング対象地域◆

<関西> 兵庫県/神戸市・阪神間・JR神戸線沿線姫路以東
大阪府/大阪市・府内全域  京都府/京都市・京都市以南   滋賀 和歌山 奈良
<四国> 徳島 愛媛 香川    <東海>愛知
国土交通省 近畿地方整備局 四国地方整備局 中部地方整備局 中国地方整備局 

上記以外の地域はお問い合わせフォームからご相談下さい。
自社取得マニュアルのサポート付コースは、メールサポートのため、全都道府県対応可能です。

<コンサルティング対象地域>
兵庫県/神戸市・阪神間 JR神戸線沿線姫路以東
大阪府/大阪市・府内全域  京都府南部(京都市及び以南) 滋賀 和歌山 奈良
<四国>徳島 愛媛 香川  <東海>愛知
国土交通省 近畿地方整備局 四国地方整備局 中部地方整備局 中国地方整備局 

上記以外の地域はご相談下さい (特定電子メール・営業メールの送信はお断りします)